fc2ブログ

   おくちは災いのモト

Out of the mouth comes evil.

運子

IMG_2296_convert_20110518130759.jpg
勇気のある方はclickしてみてください。
画像が大きくなります。

昨日近所の背の低い木のそばに子供が2人。
わたし「なにしてるん?」
子供 「アゲハの幼虫がいてんねん。」
わたし「どれ?」
子供 「これ。」
わたし「何ゆーてん。これ、うんこやんー。」ゲラゲラ。
子供苦笑い・・・。

初めてみました。
アゲハチョウの幼虫。
パッと見、うんこにしか見えない。
でもよくよく葉っぱを見ると同じ白ラインのデザインのものがうじゃうじゃ。
うんこなら揃ってこんなに同じデザインにはならない。
ふーん。
こんなうんこみたいなのがあんなに綺麗なものに成長するのかー。
40ウン年生きてきて初めて知った。
これから成長の観察が楽しみ。
運子の成長日記乞うご期待!



福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!
(第二段)
 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ


  1. 2011/05/18(水) |
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

月のあかり

IMG_2232_convert_20110516214252.jpg

IKEAで買った特価のランタン。
確か1000円しなかった。
赤い蝋燭が溶けると赤いランプがそこにあるようで綺麗。

IMG_2289_convert_20110517105439.jpgIMG_2235_convert_20110517105101.jpg

これまたIKEAで買ったすぐれもん。
太陽電池つきの読書用スタンド。
左の写真は日光浴中の電池。(この画像ちょっと暗いな)
昼の間に太陽の光をいっぱい浴びたそいつは晩になると本体に戻り、
わたしの読書のお伴として大活躍。
そのぶん余計な電気はOFF。
このスタンドほんとオススメでございます。

関西でもこの夏、「節電の夏」になるかも。
関電所有の原発は福井県に11基あり、その6基がこの夏使えなくなるかもしれない。
6基のうち5基は定期点検中で、点検終了後も福井ではその再開を認めない方針。
あと1基は敦賀原発で、今月上旬の燃料漏れによる事故で停止中。
現在長期休止中の火力発電を夏までに間に合わせるのは難しいもよう。


2011年5月13日20時50分 asahi.com

 関西電力は13日、福井県美浜町の美浜原発3号機(82.6万キロワット)を14日に停止し、約3カ月の定期検査に入ると発表した。これで関電の11基の原発のうち4基が停止し、夏にかけてさらに2基が定期検査に入る。福島第一原発の事故の影響で再起動のめどが立たない状態が続くと、真夏の電力供給が圧迫されるおそれがある。

 今回の定期検査は福島第一原発の事故を受け、緊急炉心冷却システムなどを特に点検する。検査自体は約2カ月で終わる見通しだが、福井県は「福島第一原発の事故を踏まえた暫定的な安全基準を国が示していない」として、再起動を認めない考えを示している。

 今後定期検査に入る大飯4号機と高浜4号機を合わせ、今夏は関電の原発6基が停止することになり、11基の出力の合計約977万キロワットの53%が止まることになる。

 福井県の西川一誠知事は13日の会見で、原発の経済性と安全性について「比較すべきものではない」と述べ、現時点では再起動を認められないとする考えを改めて示した。(笹川翔平)


夏の電力を一番食うのはやはりクーラー。
我が家はここ10年ぐらいクーラー無しの生活を送ってる。
そのための工夫。
昼間に太陽電池にはたっぷり日光浴させるかわりに、
最上階の部屋のベランダにはすだれを吊り、雨戸を閉めて光をシャットアウト。
その他の部屋もカーテンやブラインドで光をなるべく取り込まない。
そして夜には窓を開け外気をサーキュレーター(扇風機みたいなやつ)で取り込む。
寝具にはヒンヤリ竹マット。  イエイ!(なんかラップみたいになった)
週末晩ごはんは狭いベランダに蚊取り線香と蝋燭ランタンを持ち込み、
月のあかりでビアガーデン気分を満喫する。
近所の家はみんなクーラーつけて窓閉めてるので、わたしの酔っ払た姿をさらすことなく
ビールに泡ワイン・・・けっこう楽しい。

たぶん工夫次第でなんとでもなる。
元気な年寄りは昼間は涼しい図書館なんかに出掛けて電気はOFF。
元気な中年は日頃から運動して汗かいて、体温をうまく調節できる体をつくって電気はOFF。
みんなが電気を少しでもOFFすればきっとこの夏は過ごしやすくなるはず。
需要のないところに供給はない。
この夏がうまくいけば一気に6基減らせるでぇー。
イエイ!

灯りをつけるな~・・・・・・・
中年ならご存知桑名正博氏の「月のあかり」。
今年の帝塚山音楽祭のトリにひさびさに出演するみたい。
またまたすごい人やろなー。
わたしの音楽祭での狂乱ぶりはまたおってご報告いたします。(いらんか。)


福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!
(第二段)
 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ















  1. 2011/05/17(火) |
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

カマドな日曜日

IMG_2252_convert_20110516053326.jpg

昨日は堺の妹の家でBBQというかカマド焼きとういうか
そんなことをして楽しんだ。
カマドは姪がつくった傑作。
炭ではなく薪で焼く。
せっかく火があるのだからと鍋で湯をわかし蕗も焚く。
写真の男が吹いている棒は火吹き棒?(ってゆうの?)
それは我が父作。
入り口と出口の径の大きさをかえて効率よく風を送れる優れもの。
やるな。
無心になれることは楽しいわ。

IMG_2256_convert_20110516053452.jpg IMG_2272_convert_20110516053650.jpg IMG_2276_convert_20110516053748.jpg IMG_2260_convert_20110516053548.jpg

妹の家のお花たちとブルテリアのブッチ。
(ブッチはココから来ました。)
彼は前の飼い主に放棄された子。
ブルテリアはその性格上とても扱いにくい犬種である。
そのため飼育放棄されることが多いらしい。
一度家族に迎え入れたら最後まで面倒みるのが
当たり前やんな、そうやんなブッチ。



福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!
(第二段)
 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ


  1. 2011/05/16(月) |
  2. あそび
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

デザインのちから

閾ェ辟カ繧ィ繝阪Ν繧ョ繝シ縲
脱原発 NO NUKES ポスター展

表現方法にはいろいろある。
うたう、絵を描く、写真、ものを創る、はなす、文を書く・・・。
「個性の優れる方面に於て、各々止むなき表現をなせ」
あの日以来、なにかしたくて、なにかせずにはおれない。
あの日より以前のわたしには戻ってはいけない。
この国もそうあってほしいと願う。
変わってほしい。

上のポスター展。
いいです!応募できます。
作者の熱い思いがストレートに感じられます。
表現したいことをわかりやすくシンプルに表現できる、
ポスターってすごい。



福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!
(第二段)
 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ

  1. 2011/05/15(日) |
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

需要と供給

IMG_2199_convert_20110514065856.jpgDSC01709_convert_20110514070030.jpgDSC01701_convert_20110514065508.jpgIMG_2195_convert_20110514065304.jpg

とうとうやってしまった犬バカなわたし。
かわいすぎて惚れてまうやろー。(byチャンカワイ)
うちのジリー(茶)とデシー(白)。LOVE。
こわがりなので2匹あわせてビビリーズ。
これからちょくちょく出演させてもらいます。
出身は大阪能勢にある動物シェルターの「ARK」
ジリーはもと迷い犬。
デシーはもと野良犬。
2匹とも我が家にはかけがえのない存在である。
現在日本ではペットの飼育率が25%であるらしい。
4軒に1軒はペットを飼っている計算になる。
すごい数。
でもそのほとんどがペットショップやブリーダーからの購入だ。
(実際の数字は調べてないけど間違いないのは確か。)
犬も猫ももう過剰なほどいるのにな・・・。

ずいぶん前にCMでチワワのくーちゃんが目をうるうるさせた時は
チワワがバカ売れしたそう。
大型犬のハスキーがブームだった時代もあったなー。
商品はマスコミで騒がれているものほど売れ行きがよくなる。
ペットも例外でなないのだ。
そして欲しい人が増えると増産する。
マスコミが需要をつくりだし、需要が増えると供給も増える。
電力も同じだな、とつくづく思う。
メーカーは便利な電化製品をどんどん開発し、マスコミはそれを宣伝する。
そしてマスコミに踊らされわたし達はそれを買う。
やがて便利で快適な生活に慣らされたわたし達は、
ますます快適さを求めていく。
メーカーや電力会社が需要をつくり出し、マスコミがそれに乗っかり、
需要を増やして供給する。
需要があるから供給があるのだ。

便利なものへの欲求には限りがない。
でも電力を含めエネルギー資源には限りがある。
「脱原発」「エネルギ-シフト」はとっても大事だが、もっと大事なのは
今までのわたし達のくらしを見つめなおすことなんじゃないかな。
需要のないところには供給はない。
資本主義の世の中では今までは「消費」が基本だったのかもしれないが、
「消費」ではなく自然に負荷をかけない「再生可能」なくらし。
そういうしくみで経済をまわしてほしい。
でけへんって言わんとやってほしい。
たのむわ・・・。


福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!
(第二段)
 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ









  1. 2011/05/14(土) |
  2. イヌ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. 脱原発

緑の党

ミント

ドイツ緑の党、初の州首相 福島原発事故後、支持を拡大 
2011年5月12日23時35分 アサヒ.コム

ドイツ南西部バーデン・ビュルテンベルク州で12日、緑の党と社会民主党(SPD)の連立政権が成立し、緑の党のウィンフリート・クレッチュマン氏(62)が州首相に就任した。同党からの州首相選出は1980年の党創設以来初めて。

 福島第一原発事故を受け、原発政策が最大のテーマとなった3月の州議会選挙で、緑の党は得票を前回選挙から倍増させ、第2党へ躍進。第3党のSPDと連立を組んだ。同州ではこれまで半世紀以上にわたり、メルケル首相の政権与党・キリスト教民主同盟が政権を担ってきた。

 両党は連立合意文書で「バーデン・ビュルテンベルクを今後のエネルギー供給のモデル州にする」として、州内の古い原発2基の廃炉や2020年までの再生可能エネルギー中心の電力供給をうたった。また、「州民は新しい政治と新しい政治スタイルを選んだ」として、住民投票の積極的な導入などを盛り込んだ。

 公共放送ZDFの全国世論調査(6日)では、緑の党の州首相誕生に56%が賛成し、63%が新政権に期待していると答えた。(ベルリン=松井健)



ドイツでは福島原発事故後、「脱原発」のデモで25万人が集まった。
一方事故をおこした当本人である日本では東京で1万5千人、大阪では3500人と
最近になってようやくその数も増えてきたがまだまだ小規模である。

その緑の党、結成は30年前。当時から掲げていたテーマ「脱原発」は、30年前では
「現実離れ」「たわごと」と言われていたそうだ。
その党が今や選挙で多数派を形成するようになった。
信頼性と誠実さを重視する政治スタイルが躍進の理由だと党首は述べている。

確か1ヶ月ぐらい前の朝日新聞の調査では、脱原発を望む人数の割合は41%で
推進派のそれを下回っていた。
事故がおこる以前はもっと差がついていたようだ。
2ヶ月が経った今は一体どうなんやろ。
デモの人数みてもわかるように、わたしの住む大阪の人達はまだまだ
関心が低いように思える。
自分たちには関係ないと思ってるのかなー。
いやいや今はそんな人はいないと信じたい。
ドイツでは結局世論が政治を動かした。
小さな声も集まって大きくなればきっとオカミに届くはず。


そして緑つながりということで写真のミントたち、今年も元気に
雑草と仲良く芽をだしてくれた。
毎年暑くなるとこのミントでミントティーを楽しむわたし。
今年も楽しみにしていた。でもでも・・・。

一昨日神奈川でとれた茶葉に基準値以上の放射性物質セシウムが検出された。
福島と神奈川は290キロも離れている。
しかしチェルノブイリと日本は8000キロも離れていたが、
日本でも残念ながらそれは確認されていた。
今回のことも当然といえば当然の話である。
とは言え、わたしの愛すべきミントにもそれが付着していることを思うとつらい。
不精なわたしが唯一育てて楽しみにしているもの。
放射性物質の存在をあらためて身近に感じてしまった。

チェルノブイリの事故で汚染された野菜は洗えば少しは放射性物質は取れたという。
しかしそれを洗った水はやがて海へ流れ、魚に取り込まれそしてまたわたし達の
もとに返ってくる。
一度外に出た放射性物質は、結局どんなことをしても消えることはないのだ。
まさに「因果応報」「天に向かって唾を吐く」なのである。
しかし巻き添えをくった魚、牛、ペットなどヒト以外の命のあるもの達には
「ごめんなさい」と頭をさげよう。
「もう二度とこんな過ちはおかしません」と固く誓おう。



福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!
(第二段)
 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ












  1. 2011/05/13(金) |
  2. 自然エネルギー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. 脱原発

白山陶器市 2011 旅の思い出

        白山陶器 ブルーム
          ブルーム BLOOM 右:ポット 定価¥7500 左:プレートL 定価¥3000

        白山陶器 リーヴズ
          リーヴズ LEAVES ディナープレート 定価¥3000

        白山陶器 カップ
          名前わからず 定価¥1200

はいはい。
4月30日小雨降る中はるばる大阪から行ってまいりました。
別府フェリー港から波佐見白山陶器のB品扱ってる倉庫目指してまっしぐら。
お昼ごろの到着でしたがわんさかな人だかり。
軍手はめて物色してたら店員さんに間違えれたりってなこともありながら、
すべて定価の半分の値段で買えました。(どこに欠陥あるのか全くわからずなお品たち)
GW九州旅の楽しい幕開けとなりました。
白山陶器



署名お願いします!(ネット署名もできます)

福島の子どもたちを守るための緊急署名をお願いします。
避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を!!

 →オンライン署名はコチラ   →携帯からの署名はコチラ

「さようなら原発1000万人アクション」→詳細はコチラ
呼びかけ人は音楽家坂本龍一氏、作家大江健三郎氏など


「脱原発勉強会 大阪能勢」に参加しませんか?→詳細はコチラ


  1. 2011/05/12(木) |
  2. 食べること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. 脱原発

トホホなわたし

亀の上にカメ

写真などいれられるようになって調子にのってたら
古い記事のところに最新記事を書いてしまった。
写真2枚もいれてわたし的には結構力作。

最新記事は5月8日の記事タイトル
「きみの名は」
をどうぞご覧ください。
  1. 2011/05/11(水) |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. 脱原発

車中泊のスタイル



車中泊をはじめて3年。
はじめは道の駅やキャンプ場でいろんな方の車を参考にさせて
もらう方だったが、最近では逆に「ちょっと見せてー。」と言われることが多くなった。
そして回を重ねるたびに本当に要るもの、要らないものがみえてくる。
今回の新入りはIKEAで買ったトレイ。
これがそのトレイ
雨の日や寒い時に車の中で食べたり飲んだりする時に大活躍だった。
口が悪い上にがさつなわたしは案の定トレイの上をビールで満たし
食べ物をびちゃびちゃにしたが、寝床でもある車内はいっさい濡れず事なきを得た。
ふんふん、なかなか優秀なやつである。

要るものの中で上位にあがるものは、トイレットペーパー。
トイレで使う以外に、水が使えないところでは食器を拭いたりと大活躍。
(そういった意味ではパンも使える)
あとはS字フック。
小さい車内では頭の上の空間も有効に使わなくてはならない。
カラビナも同じく使える。
愛犬を車につなぎ止めたり、リュックにものをぶら下げたり。

要らないものは、まな板。
ナイフがあれば充分。必殺空中切りで間に合う。
靴下などの洗濯物を干すときに使うタコ足みたいなのも要らない。というか貧乏くさい。

持っていくものを吟味して再考を重ねているが、最近必要なものができた。
それはゴミ箱。
意外だと思われるかもしれないが、最近はどこでもカラスが多く車にぶら下げている
ゴミ袋を破ってしまう。
次の旅までの課題はどんなゴミ箱をどんなふうにして車に合体させるか・・・ですな。


そうやって考えて工夫するのも車中泊の楽しみのひとつである。
できるだけ身軽に できるだけシンプルに・・・。
旅もくらしも持つものを削っていくとどんどん自由になれる。



福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!
(第二段)
 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ
  1. 2011/05/11(水) |
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. 脱原発

支援のカタチ

410中ノ島デモ

福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!(第二段) 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ

もともと一般成人の年間の被爆上限は1ミリシーベルトまでと
定められているにもかかわらず、
文部科学省は子供に20ミリシーベルトを許容させようとしている。
この数値には放射線を吸い込んだり食物から摂取する、
いわゆる内部被曝の量は含まれていない。
子供の放射線への感受性は大人よりも高いため発癌のリスクが高まることは間違いない。
京都大学原子炉実験所助教の小出裕章先生も以下のように語っている。


ニュース・コメンタリー (2011年05月07日)
子供に年間20mSvは許されるのか
解説:小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)

 
 「政府の原子力災害対策本部は4月19日、福島県内の学校や校庭利用の際の年間被曝線量の上限を20ミリシーベルトに定めたことが問題となっている。
 もともと20ミリシーベルトは、原子力の施設で働く作業員を対象とする年間被曝量の上限値だったが、これを子供に適用する決定については、依然として多くの抗議や反対が表明されているほか、この決定をめぐり、小佐古敏荘内閣官房参与が辞意を表明したり、原子力安全委員会が正式な委員会を開かずにこの基準を決定していることが明らかになるなど、決定の過程にも多くの疑問が生じている。
 京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は、もともと一般の日本人の年間の被爆上限は元々1ミリシーベルトまでと定められているにもかかわらず、ぞれを現状に合わせるかのように20ミリシーベルトまで場当たり的に引き上げ、しかも子供にまでそれを適用するというのは到底許せないと述べる。
 小出氏によると、子どもの放射線への感受性は大人よりも5倍高いため、年間20ミリシーベルトの放射線というのは、これをを浴びた子どもの25人に1人が癌にかかる可能性がある、あり得ないような数値だと小出氏は言う。
 政府が引き上げた子供の被爆上限値の年間20ミリシーベルトをどう評価するべきかを、神保哲生と福島で現地取材を続けている医療ジャーナリストの藍原寛子が小出氏に聞いた。」



大人には子供を守る責任があると思います。
原発を容認してしまったわたしたち大人は被曝するのは仕方ない。
でも子供にはなんの罪もない。
子供たちにはこれからの長い人生がある。
かれらの未来を守りたい。
これも福島の人たちへの支援のカタチだと考えています。
ご賛同いただけるとうれしいです。



  1. 2011/05/10(火) |
  2. 放射能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. 脱原発

負の連鎖

核処分場: モンゴルに計画…日米、昨秋から交渉

【ウランバートル会川晴之】

経済産業省が昨年秋から米エネルギー省と共同で、使用済み核燃料などの世界初の
国際的な貯蔵・処分施設をモンゴルに建設する計画を極秘に進めていることがわかった。

処分場を自国内に持たない日米にとって、原子炉と廃棄物処理とをセットに国際的な
原子力発電所の売り込みを仕掛けるロシアやフランスに対抗するのが主な狙い。
モンゴルは見返りとして日米からの原子力技術支援を受ける。

だが、東日本大震災による東京電力福島第1原発事故で日本政府は原子力政策の
抜本的な見直しを迫られており、「核のゴミ」を第三国に負わせる手法に批判が出そうだ。


◇福島事故受け批判必至

 各国の交渉責任者が毎日新聞の取材に計画の存在を認めた。

 関係者によると、3カ国交渉は昨年9月下旬、ポネマン米エネルギー省副長官が主導して始まり、経産省、モンゴル外務省が担当。核廃棄物の国内処分地選定の見通しが立たない日米と、技術支援で核燃料加工施設や原発を建設したいモンゴルの思惑が一致した。

 原子力エネルギーは気候変動を防ぐ有効策とされ、原子炉1基数千億円のビッグビジネス。日本政府は原発輸出を国家成長戦略の柱に据え、ベトナムで受注に成功、インドやトルコとも交渉中だ。しかし、ロシアなどは原子炉と使用済み核燃料の引き取りをセットで販売しており、日米は不利な状況にある。

 日本は英仏に再処理を委託、青森県六ケ所村に再処理施設建設を急ぐほか、同村に高レベル放射性廃棄物の一時貯蔵施設を保有するものの、他国に供給した核燃料の引き取りは極めて困難。2035年までに国内に最終処分地を選定する計画も難航が予想される。

 米国もブッシュ前政権が02年にネバダ州に最終処分地を選定したが、地元の反対でオバマ政権が09年に計画中止を決定。使用済み核燃料の処分問題が宙に浮いてしまった。

 このため日米は、処分問題の解決と「国際的な原発売り込みの弱点を埋める」(経産省)ため、地盤が強固なモンゴルに貯蔵・処分施設を造ることで一致。施設は地下数百メートルとなる見込みだ。経産省は計画実現で、原子炉メーカーの東芝、日立などの国際的な原子力ビジネスを支援できるとみている。

 また国際原子力機関(IAEA)が、「モンゴルはウラン推定埋蔵量は150万トン以上の可能性がある」と指摘しており、開発が進めば世界トップ3のウラン供給国となる可能性が高い。日米は計画実現でウラン燃料の安定確保も狙う。

 核廃棄物の国際輸送は、通過国や受け入れ国の同意に加え、IAEAなどが定める輸送方法に従えば可能。ただ、3国交渉の段階で計画が表面化すれば、通過国となりうる中国やロシアなどの干渉やモンゴル国民の反発も予想され、交渉は極秘に進められた。

 しかし今年2月、ワシントンで3カ国が包括的な外交文書への署名にこぎつける予定だったが、直前に計画を知らされた日本外務省が「政府内での調整がまったく進んでいない」と反発。経産省主導に外務省が横やりを入れた格好で、署名は延期。その後に大震災が発生し、署名などの日取りは未定だ。

 日本は大震災で原発政策の見直しを迫られているが、国内すべての原発をなくしたとしても、処分施設は必要。ただ、技術支援の見返りに核のゴミを他国に引き受けてもらう手法は、電源3法交付金による地域振興策をセットに福島などで原発の建設を進めたのと同じ発想と言える。
http://www.cybozu.net/news/national/20110509k0000m040142000c.html
2011年05月09日 毎日新聞社 より転載



狂ってるとしか言いようがないな。
日米含めモンゴルの原発推進政府も。
目先のお金に目がくらんで先のことがみえへんの?
こんなことしてたら、地球が「核のゴミ」だらけになるやんか。
自分とこでできたゴミは自分で処分するのが当たり前やん。
処分でけへんのんやったらゴミになるような物はつくらんことやわ。
人様の土地に自分ちのゴミ捨てて、その上自分たちの儲けのために
他の国の土地にまで手をつけるなんて、言語道断。
これから先モンゴルが原発で金銭的に豊かになっったとしてゴミ処理に困ったら、
今度はどこにそのゴミ捨てるんやろ?
日本がしたように自分たちより貧しい国に捨てる?
おわりがないな。
でもまあこれだけ世界中に核が拡がったら、地球が「核のゴミ」
だらけになる前に地球上にヒトがいなくなる日も近いか・・・。
その時がおわりか。
あーおそろし、おそろし。


福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!
(第二段)
 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ



  1. 2011/05/09(月) |
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

きみの名は

ファットマン
長崎型原爆 ファットマン
長さ3.25メートル 直径1.52メートル 重さ4.5トン


今回の旅で印象深かったのは、やはり「長崎原爆資料館」。
今のフクシマと重なって見えたのは、わたしだけではなかったと思う。
実際資料館でがれきの写真を前に、フクシマの被災地へ行ったと思われる人達が
「まさにこんな感じだった」と話しているのを聞いた。

1945年8月9日 11時2分
ナガサキに原爆が投下され74000人の方が亡くなられた。
最初小倉が標的だったらしいが、悪天候で視界が悪かったため次のターゲットだった
ナガサキへと標的が変わった。
ナガサキが標的に選ばれた理由は三菱の軍需生産システムへの攻撃であったことは
否めない。

話は戻る。
上の写真の原爆ファットマンの模型を目にしたとき、わたしの足はとまった。
あの楕円形の中心部に鎮座ましましてるやつと目が合ってしまったからだ。
その名はプルトニウム

長崎型原爆のしくみ
(click!)

ヒロシマでの爆弾はウラン型でナガサキのそれはプルトニウム型である。
プルトニウム型の方が破壊力が強い。
なのにナガサキのほうが被害が小さかったのは、周囲を山に囲まれたナガサキの地形
によるものだったそう。

プルトニウムに敏感に反応してしまうのはフクシマの原発事故があってから。
それまでのわたしは呑気なくらしをしていてその言葉は聞いたことはあっても、
これほどまでに恐ろしいものであるとの認識に欠けていた。
日本人としてほんとに恥ずかしい話である。
この模型を目にした時、わたしの中ではっきりと「原発」=「原爆」の図式が
できあがってしまった。
原発はウランを原料としてエネルギーをつくる際その副産物としてプルトニウムをつくる。
原発でエネルギーをつくるたび、副産物としてこんなに恐ろしいものができるなんて
ヒョエーである。(表現が貧弱でスンマセン)
しかも表に飛び出したらその半減期は24000年!
ヒョエーヒョエーである。(再度スンマセン)

話はかわって。
福井県の原発銀座には高速増殖炉「もんじゅ」がある。
「もんじゅ」はその恐ろしいプルトニウムを再処理核燃料の名のもとに
増産できるところなのだ。
しかもその「もんじゅ」何度も事故を起こし現在も事故中。
電力も何もつくりだしていないのに、その維持費だけでなんと毎日5500万円も使っている!
奥さん、5500円ちゃいますよー。
その開発が非常に危険で難しく、なおかつ金食い虫なこの原子炉は、
各国が手をひいてしまっているというのに日本では年間今なお2000億円の予算
をかけて運営している。
もちろん国費。ということは税金!
これまたヒョエー。(しつこい)
そんなお金あるんやったら福島の人達にちゃんと補償したったらええんちゃうん。
こんなことちょっと奥さん知ってましたー?
(いつの間にやら井戸端会議ふう)

先にも述べたようにナガサキが原爆の標的に選ばれたのは、
軍需生産システムがあったから。
原発の再処理の名のもとに多くのプルトニウムをもっている日本は
まるでテロリストの攻撃を両手を広げて待っているかのよう。
くわばら、くわばら・・・。

原子力の「平和的利用」なんてありえない。
自然界には存在しないものを生み出し、お互いを傷つけあい多くの死者を出す。
なんてヒトという生き物は愚かなんだと、ちゃんぽんすすりながら思った。

そしてそして長崎は今日も雨だった。
(タイトル含めて昭和なかんじでまとめてみました。)



福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!
(第二段)
 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ







  1. 2011/05/08(日) |
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

帰途へ

desi

5月7日 曇り晴れ雨
小国をあとに別府港へ向かう。
途中安心院のJAで昼食としてがん汁など購入。宇佐のマチュピチュや十文字原展望台に寄る。
そしてこの日のメインイベント「照湯温泉」でひとっぷろ。
わたしは設備の整った温泉よりも、地元の人が行く素朴な共同浴場が好きでここもそんなひとつ。
ここはくぬぎ湯で知り合った福岡の方に教えて頂いた。
そこではバトミントン帰りのお姉さまグループとまさに裸の付き合いを楽しんだ。
その後前回も訪れた回転寿司「亀正」(地元の魚を使ったネタ)でフェリーでの晩ごはんを買う。
フェリーではアルトサックス、ウッドベース、ギターの3人組の生バンド演奏があり、
これまた意外に良くてビールもワインも進み盛り上ってしまった。
特にウッドベースのお兄さんの指さばき見惚れてしまったなー。

今日の温泉:別府照湯温泉 200円 熱め 星4つ
今日のねぐら:フェリー船内
  1. 2011/05/08(日) |
  2. | トラックバック:0
  3. 脱原発

湧蓋山と秘湯

パン屋さん そらいろのたね

5月6日 曇り 風強し
湧蓋山の麓に来たのだしせっかくなので山に登る。下山後パン屋そらいろのたねでパンを買い、店主のご好意でパンを庭先で頂く。その上私達の車にぶら下げているゴミを捨ててあげると言って下さり、秘湯まで教えてくれた。なーんて親切!長旅で困るのはゴミの処分、北海道旅の時も親切な方に助けられた。そして秘湯はなんの目印もなく、貸し切り状態。ぬるめのいいお湯でした。今日の晩ご飯も地獄蒸し。本日は野菜たっぷり豚バラ蒸し、大分名産カボスポン酢で頂く。満足。
今日の温泉:1.寺尾野温泉薬師湯 100円 星5つ。2.くぬぎ湯
今日のねぐら:昨日と同じく、くぬぎ湯P。風強く車揺れる。
  1. 2011/05/06(金) |
  2. | トラックバック:0
  3. 脱原発

久住山と地獄蒸し

地獄蒸し サムネイル
画像をクリックしたら大きくなります。

5月5日 晴れ
久住山登山。7時半から4時間の行程。歩きやすく初心者向け。南阿蘇とは逆側から見る根子岳が美しい。
今日の温泉:小国はげの湯温泉くぬぎ湯。1風呂1200円 コイン式家族風呂。コインを入れたら湯舟にお湯が溢れるぐらい入る、露天風呂。それと特筆すべきは入浴客だけが無料で使える温泉の蒸し釜。野菜、肉、卵など蒸して持ってきた塩とオリーブオイルで頂く。絶品!何もかも初めての体験で面白い!
今日のねぐら:くぬぎ湯P
  1. 2011/05/05(木) |
  2. | トラックバック:0
  3. 脱原発
前のページ 次のページ