おくちは災いのモト

Out of the mouth comes evil.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告
  3. 脱原発

共存なんて絶対ムリ!!!

tumblr_lldb4x4pRZ1qi1yrpo1_1280_convert_20110623115859.jpg
「牛も犬も馬も魚も植物も水も空気も、みんなみんなオマエが嫌い!」

今日は昨日に引き続き暑い!
昨日の大阪の気温は31度だったらしい。
フクシマの作業員の方のお身体が本当に心配です。

そして「東京でも真夏日となり、電力需要も伸びて本格的な猛暑が到来すれば
電力需給は一段と厳しくなる恐れもある。」と読売新聞(原発推進!)が報じている。
http://news.www.infoseek.co.jp/mycom/business/story/20110622_yol_oyt1t00970/
ほらほら始まった「電力足りませんキャンペーン」・・・。
勝手にやってくれ。

さて今日はもんじゅの落下物引き抜き作業の日。→コチラ
昨晩は最悪の事態を想定して家族会議を開き、今朝は浴槽をきれいに洗って
水を満タンにはり、20ℓタンク×2に水を確保した。
米とドッグフード、粉塵マスクとマスキングテープは確保済み・・・。

こんなことしながら、悲しみと怒りが沸々とこみ上げてきた。
いったいこの国はなんでこんなことになってしまったんだろう。
それは、これまで原発を容認してきてしまったわたし達大人の責任
でもあるが、フクシマがこんなことになってしまっている今でさえ、
まだこの国の原発は動いている。
そして国は、追加の安全対策を確認できたと言って、点検停止中の原発の
再稼動を要請している。
今日みたいに地震とは関係ない、しかも予告された作業でさえ
みんな不安に感じているというのに・・・。
(わたしのブログにも、ここ数日もんじゅというキーワードでの検索履歴が多い)

もんじゅのある敦賀から、わたしの住む大阪までの距離は180キロ。
原発立地の近隣の人たちはどれだけ不安に感じていることだろう。
「絶対安全」なんて絶対ない。
原発がどれだけ恐ろしいものかを知ってしまった今では、それと共存する
という選択肢はもはやあってはならない。

どれだけきちんとした安全対策をとったとしても、原発と共存しているという
事実があれば、国民の不安が消えてなくなるなるはずはない。

いったい誰のために政治やってるねん!
(書いてて涙がでてきた・・・。)

今回のもんじゅの作業・・・。
震災以後いつもわたしが覗かせてもらっているコチラで詳しい手順を
調べてくれていました。
ありがとう。
それによると今日の作業はメイン作業の前段階・・・。
まだまだ気は抜けないようです。

*もんじゅ(敦賀)付近の風向き→コチラ


署名お願いします!(ネット署名もできます)

福島の子どもたちを守るための緊急署名をお願いします。
避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を!!

 →オンライン署名はコチラ   →携帯からの署名はコチラ

「さようなら原発1000万人アクション」→詳細はコチラ
呼びかけ人は音楽家坂本龍一氏、作家大江健三郎氏など


「脱原発勉強会 大阪能勢」に参加しませんか?→詳細はコチラ








スポンサーサイト
  1. 2011/06/23(木) |
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

トラックバック

トラックバック URL
http://mogusa39.blog27.fc2.com/tb.php/102-2d524663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。