おくちは災いのモト

Out of the mouth comes evil.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告
  3. 脱原発

ヒトも土と水と空気でできている

IMG_2602_convert_20110713161106.jpg
胡桃成長したよ!

食べるために生きる・・・。
生きるために食べる・・・。

さてどっちなんでしょう?
どっちにしても、結局食べなくてはどんな生き物でも
生きてはいけないということは確かです。

だから「食べる」ことは大事です。

今週は生協の放射能対策について調べようと、
あちこちのHPを閲覧したり、電話したりしました。
生協によって、放射能対策がまちまちなんですね。

ちなみにわたしが加入している生協のHPには、
放射能に関しての記載が一切なく、直接電話で問い合わせてみました。
それによると、自社で放射線を簡易の計器で計るものと、
専用の機関に依頼するものがあるそうですが、
その数値の基準値が国の基準値に準ずるというものでした。
(多くの生協はそうでした・・・)

あかんやろ・・・。
国の基準・・・。→コチラ

うちは40代後半の中年夫婦のふたりぐらしで、放射能に対しての
感受性はずい分低くなってはいます。
でも外食もするし、知らず知らず口にしてしまう物もあるだろうし、
夫は昔大病してるし・・・
・・・で、やはり自宅で食べるものの食材はこれまで以上に
気をつけることにしました。

あの牛肉を食べても問題ない、とマスコミはいつものように
言ってますがそんなことはない。
体内に取り込まれる放射性物質は、足し算で考えないといけません。
汚染されているものは、その牛肉だけではないのだから。

これからは「食べる」ことに、ますます油断できなくなってきました。

この前、スーパーの乾燥ワカメの前で相当悩みました。
三陸産のワカメか韓国産のワカメか中国産のワカメか・・・。
結局買うのを諦め帰ってきました。

疲れますね・・・。
「えーい、こうなったら自給自足や!」と妄想にふける毎日ですが、
程度の差はあれど、この大阪の土地も例外なく汚染されています。
どこまで汚染したものを受け入れるか、これからは個人々の
判断になってくるのでしょうね。
小さなお子さんのおられる方は、ほんとに大変だと思います。

明日は、放射能の設定基準値が低く、
組合の姿勢が良さそうな生協があったので、話を伺うことにしました。

でも、日本国民はこの事故の被害者であり、加害者でもあります。
わたしのように、食品の選択肢のある国ばかりではありません。
遠い国でもフクシマの放射能は観測されています。

ごめんなさい・・・。


国が定めた基準値について、小出先生がラジオで話されています。
書き起こしもあります。是非ご覧ください。→コチラ
*ラジオの中で出てくる3月17日付けの厚生省の文書

武田先生も怒っておられます。→コチラ




署名お願いします!(ネット署名もできます)

福島の子どもたちを守るための緊急署名をお願いします。
避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を!!

 →オンライン署名はコチラ   →携帯からの署名はコチラ →延長!7月31日まで!

「さようなら原発1000万人アクション」→詳細はコチラ
呼びかけ人は音楽家坂本龍一氏、作家大江健三郎氏など





スポンサーサイト
  1. 2011/07/13(水) |
  2. 放射能
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

トラックバック

トラックバック URL
http://mogusa39.blog27.fc2.com/tb.php/135-9d98135d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。