おくちは災いのモト

Out of the mouth comes evil.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告
  3. 脱原発

自家菜園と気になる糠のゆくえ

IMG_2752_convert_20110803221404.jpg
大阪のプロヴァンス能勢

今までの生協をやめてグリーンコープ(略Gコープ)さんに変えた。
Gコープさんに決めた最大の理由は、販売食品の基準値を震災前の
基準値に据え置き、政府が決めた暫定基準値に従っていなかったこと。
現在は全ての商品の放射能数値を測定しているわけではないので、
完全に満足しているわけではないが、電話での応対や会報誌の内容
など、組合の姿勢に好感がもてたのも大きな理由。
そんなGコープさんの注文書でさえ決めるのに時間がかかる。
今日は久しぶりに干ししいたけを注文した。
しいたけはチェルノブイリの時にもセシウムの数値が高く、
震災以後買うのを控えていた。
でもこの干ししいたけは放射能測定をされていて結果は「検出されず」。
迷わず注文決定!となったのだ。
こういうことが風評被害を防ぐということなんだけどなー。

最近はスーパーへ行くと買い物するのに時間がかかる。
欲しい物があっても結局買えずに帰ったり、食べたいものが減ってしまった。
肉や魚や牛乳は無理だとしても、野菜ぐらいは自分でつくってみたい!
と強く考えるようになった。
幸い我が母は昔から菜園(というよりも胡麻までつくってしまう立派な畑)
をしていて、わたしはその野菜たちで育った。
ある時にはニワトリまで飼っていてその卵も食べていた。
わたしも一丁やってみるかな。
というより積極的にやってみたい!!!
母、ご指導よろしく!
その前に母の畑の土の汚染度を調べるのが先やね。

ただ、肥料や飼料や土・・・。
問題山積みです。
こんな記事
「肥料は400ベクレル、飼料は300ベクレル 農水省が放射性セシウムの暫定許容値を設定」
を見つけた。
これによると、肥料の暫定許容値の設定のほか例外として、
生産した農産物の全部または一部をその農地に戻す場合や、
草地・飼料畑などで生産した飼料を畜産農家に供給し、
その畜産農家からの家畜排せつ物やたい肥を、元の草地や飼料畑なども戻す場合
は暫定許容値にかかわらず使用できる。とある。

汚染された肥料で育った農作物や糞をまた畑に戻したら、
放射能が濃縮されてその土地で再び育った農作物や肥料は、
もっと汚染されてるんじゃないの?
ちゃう?
そんなんでええのでしょうか???
もし使えないものができたとして、その処分はどうするんでしょうか?
その他にもこんな記事やあんな記事
もう日本全国汚染祭りです。

我が母は肥料や土の対策はどうするのか聞いてみよ。

話変わって・・・
わたしの家では、大分県の親戚から自作のお米を毎年
送っていただいている。
その玄米を精米してわたしは食べている。
妹家では玄米ごはんにしている。
そのお米なんですが、
「イネの場合、白米とそれ以外の部位のCs存在比率は7 : 93との報告がある」
→米(水稲)への放射性物質の影響

そうそう、そうなんです。
糠部分に放射性物質がたまりやすい。
妹は今年のお米から玄米食をやめる。
そして今まで自宅で精米した場合、米の糠を自分の菜園に撒いてたのもやめる。
ただこの糠、本当に汚染されていたらどこに捨てたらいいのか目下の悩みどころ。
わたしは近所のお米屋さんやコイン精米機で精米していたのだが、
この糠どこに行くんでしょ?飼料屋さん?
生ゴミとして焼却しても残り、飼料屋さんに売ったとしても家畜が汚染される。
やはり一度環境に出てしまった放射能はもうどうすることもできないですね。
マクロビの方も・・・お気の毒です。

OH!NO!
そらそうや。ビールも危ないよね。→コチラ
日本酒なら、米を磨ぎまくる大吟醸ならマシか!?
人に物を差し上げるのも戴くのも難しい時代になりそうです。

そして頼みの綱のGコープさんも、これから日本全国で汚染が拡がっていった場合、
今独自で守っている基準値も守れなくなる可能性も高い、といっている。
仕方ないよね・・・。

やっぱりここは野菜だけでも素性のわかる自家栽培しかない!
母上!
昔は畑の草抜きもせず、ニワトリが怖いからエサもあげない、
そんな娘でしたが、3.11からわたしは変わったのです。
これからは心入れ替えて一生懸命農作業に励むので、
長生きしてわたしを一人前の人間に育ててくださいませー!
まだまだ楽させてあげへんよー。



署名お願いします!(ネット署名もできます)

「さようなら原発1000万人アクション」→詳細はコチラ
呼びかけ人は音楽家坂本龍一氏、作家大江健三郎氏など
スポンサーサイト
  1. 2011/08/03(水) |
  2. 放射能
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

トラックバック

トラックバック URL
http://mogusa39.blog27.fc2.com/tb.php/152-bc351a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。