おくちは災いのモト

Out of the mouth comes evil.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告
  3. 脱原発

「原発国民投票、やるべし、やれるよ、やりましょう! 」を見て

IMG_2672_convert_20110831160445.jpg
夏の終わりに考えた・・・


はい。
昨日予告しました「国民投票」について今日は書きたいと思います。
原発の是非を問う「国民投票」については友人kが積極的に関わっており、
以前よりその話は聞いていました。
→みんなで決めよう「原発」国民投票

ただわたしは彼女の説明だけでは納得がいかず(だってkの話では全然わからへんもん)、
その件については、わたしは保留というか世の中の動きをみて決めるというか
そんな状態でした。
わたしの中で何が一番ひっかかっていたかというと、原発推進派の仲間である
新聞やテレビに洗脳(原発がなくなると電気が不足する、経済が停滞するなど)
されている人たちが世の中には多くいて、「負けるかもしれない試合」を
急いでしたくなかったということです。

しかし、泊原発の無理やりの再稼動や菅さん辞任によって、原発がわたしの
意図していない方向に進んでしまうかもしれないという危惧のほうが、
「負け試合を避ける」という気持ちに勝ってきつつありました。

そんな中、先日27日に行われた原発国民投票の座談会をustreamで見ました。
これが意外に良くって2時間ちょっとあったのですが、見入ってしまいました。
メンバーは・・・
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)
杉田敦(法政大学法学部教授 政治学専門)
マエキタミヤコ(100万人のキャンドルナイトの呼びかけ人やイロイロ)
宮台真司(首都大学東京教授 社会学専門)
コーディネーター:今井一(ジャーナリスト 国民投票呼びかけ人)

110827 「原発」国民投票、やるべし、やれるよ、やりましょう!



初めにお一人ずつが、この国民投票の意義をお話されます。(マエキタさん以外)
~22:27まで。
マエキタさんのお話は、01:05:40~
その後は、今井さんが皆さんに質問したり、自由に話したりという構成です。

わたしは、初めの杉田さんと宮台さんのお話が直球で頭に入ってきました。
おふたりは、この原発国民投票の意義をこう語られました。
「原発は、現在の政党政治の中では争点にされにくい。なぜなら電力会社が
ありとあらゆる対象において権益をもち、それらがまた電力会社に依存する形が
あるから。国民投票の帰結はどうであれ、それらを明るみに出し、国民投票という
形で社会に問うしかない。」

確かにな・・・。
この5ヶ月以上もの間、国民不在の、民主主義をないがしろにした政治のやり方を
目の当たりにし、モンスターと化した電力会社の力を誰にも止めることはできない。
そればかりか、彼らに救いの手を差し伸べる人たちがとてつもなく多く存在する。

また宮台さんは、日本国民が「任せて文句を言うを、引き受けて考えるというふうに
変わっていかなければいけない」と言う。
飯田さんも、「国民全体がアップグレイドし、全国民が成人教育の機会として当事者性を
もつ最大の機会。自分自身で考えるプロセスが大事。」と言っている。

ふーん・・・。
以前朝日新聞に「民主主義を鍛える」というキャッチが載っていた。
今こそお任せ政治から脱却し、国民に主権があることを政治家たちに思い出させて
あげる時なのかもしれないな。
これはどなたが言ったか忘れましたが、「寝ぼけた政治を目覚めさせる。
見られたらシャンとする。」ということでしょうか。

マエキタさんは、「国民が依存癖の呪縛から脱却し、社会は変えられないではなく、
社会は可変だという成功体験を形にしたい。」と語っていた。

この動画は長いので、この最初のお話だけでも見られてもいいかも知れません。
でも途中のそれぞれの方のお話も、わたしにとって興味深く、国民投票を考える上で
大変参考になりました。

kには「わたしが何回も言ってることと同じやん!」と言われそうですが、
やっぱりしゃべくりの達人の話を聞くのとは大違い、月とすっぽんでした。
流石なお手前頂戴いたしました。




*島根原発の再稼動反対を求める署名をコチラのブログでご紹介してます。
 美味しそうなタイ料理の写真を眺めたあと、ご署名よろしくお願いします!
 日本海まで汚されたら、魚も食べられなくなるのよー。


日本全国に拡散するかも知れない「がれき情報」コチラで随時追加更新しています!
(8月11日、8月15日、8月18日、8月23日、8月24日、8月30日、8月31日追加更新)

脱原発講演会と映画「ミツバチの羽音と地球の回転」in 関西のお知らせ!
阿倍野には、鎌仲監督も来られます!
→詳しくはコチラ

署名お願いします!(ネット署名もできます)
「さようなら原発1000万人アクション」→詳細はコチラ
呼びかけ人は音楽家坂本龍一氏、作家大江健三郎氏など

スポンサーサイト
  1. 2011/08/31(水) |
  2. 国民・住民投票
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

トラックバック

トラックバック URL
http://mogusa39.blog27.fc2.com/tb.php/183-c9f098ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。