おくちは災いのモト

Out of the mouth comes evil.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告
  3. 脱原発

焼却場近隣のみなさんに伝えて!

大阪では新しい知事や市長も決まり、瓦礫受入れが
本格的になってきそうです。

予定では来春にもソイツはやって来るとのことなので、近々
瓦礫仲間たちと具体的に動く計画をたてる予定です。

方向性としては直接的被害を受けるであろう、焼却場近隣の
住民(自治会、学校、幼稚園など)や企業・団体にアプローチし
反対運動に加わってもらう。
→大阪府焼却施設 Googleマップ
(近くには学校も幼稚園もあるのです!)

埋め立て地(大阪湾フェニックス)近隣の企業・団体にもアプローチする。

実際大阪漁連さんに少し前から資料を送ったりして接触してはいるのですが、
わたしが感じるところでは危機感が足りない・・・。
また「被災地支援」という呪縛にも似た良心が、瓦礫を反対する気持ちに
ストップをかけてしまっているように感じました。

この「被災地支援」という空気・・・
受け入れを反対する!と大声で言えなくなってしまってる空気感・・・
マスコミをつかってうまく浸透させたなーと変な話感心してしまいます。

真っ向から反対する!って言ってしまうと「被災地支援」と思ってる人たち
から反感買うから大きな声では言いにくい。
イメージを大切にする企業にとっては、受け入れ反対に一歩踏み出せない
原因にもなっていると感じます。

だからこそ、その間違った空気感を払拭させるためにも地道な
活動が必要なんだと思います。

先週末に瓦礫仲間たちが大阪梅田のヨドバシカメラの前で
瓦礫反対のチラシを撒きました。
マスコミが動いてくれなければ自分達で動く、少しでも瓦礫受入れの危険性、
放射能の拡散の危険性を大阪の人に知らせたい、その思いだけでみんな頑張ってます。

ご協力をお願いします!



瓦礫受入れ反対の署名お願いします!
→瓦礫受入れやめて@大阪

姉妹団体の直筆署名もあります。ダウンロードして併せてご利用ください。
(web署名も直筆署名も違う団体名なので両方署名していただくことができます。)








スポンサーサイト
  1. 2011/11/28(月) |
  2. がれき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
  5. 脱原発
<<衣食住と放射能 | ホーム | 朝日新聞「声」と「社説」サンキュ!>>

コメント

広域処理は本当の被災地支援になりません。

広域処理は被災地の雇用を奪うということを被災地の方が発信しています。処分場や焼却炉を作るプロジェクトでお金と雇用を被災地に渡さないと、がれきはなくなったけれど、人も仕事もお金もない被災地が復興しましたなんて、ブラックジョークになります。広域処理は、他都道府県の大手業者がもうけるだけ。このことをアピールしてはいかがでしょうか?
  1. 2011/11/29(火) 23:56:21 |
  2. URL |
  3. おーちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 広域処理は本当の被災地支援になりません。

> おーちゃんさん

そうなんです。
瓦礫処分の補助金は被災地ではなく全て他地域に流れてしまい、
しかも東京のように東電の子会社の処分会社に渡ってしまいます。
きちんとした金額の情報があれば書きたいと思っていますので、
何か情報をおもちでしたらまた教えてください。
  1. 2011/11/30(水) 15:15:11 |
  2. URL |
  3. mogusa #-
  4. [ 編集 ]

千葉県の方のブログを見たんですけど、やっぱり焼却場周辺の線量が上がってるみたいですね・・・
千葉県との交渉の録音記録を聴きましたが市民の生命より経済活動を優先する千葉県の職員の対応に聴いてて途中からムカムカしてしまいました。
  1. 2011/12/01(木) 00:11:38 |
  2. URL |
  3. ライデン #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ライデンさん

焼却場付近の線量は確実に上がると思いますが、
土地の資産価値が下がるなどの住民の気持ちもあって
残念ながらなかなか公にはならないと思います。
自分のことに置き換えて想像すると複雑ですよね。
震災以降ムカムカすること悲しくなることが多くて
大変です。
  1. 2011/12/01(木) 23:35:33 |
  2. URL |
  3. mogusa #-
  4. [ 編集 ]

マスコミ使って橋下・松井が弾圧を始めました!

読売新聞 12月8日(木)0時0分配信
 
 東日本大震災で発生したがれき処理の受け入れ指針策定のために大阪府が7日に開いた専門家会議が、受け入れに反対する傍聴者が発言を繰り返したため途中で打ち切られた。 松井一郎知事は同日、一般傍聴を中止してテレビ傍聴に切り替えることを検討する、とした。

 府によると、この日約50人の一般傍聴があり、うち5、6人が「健康被害が出たら、どう責任をとるのか」などと発言。 座長の制止や退席要請も無視したため、2時間の予定だった会議は約1時間で中止された。

 同会議は放射線の専門家ら4人で構成。助言を踏まえ、府が年内にも指針をまとめる。

 受け入れに慎重な自治体は多いが、松井知事は「日本中で被災地を支えないといけない。安全性を証明して(市町村に)理解してもらうしかない」と、前向きな姿勢を見せている


昨日の大阪府のガレキ会議に参加した大阪市民が放射能瓦礫に不安や危険を訴えたので、さっそく橋下・松井がマスコミ使って弾圧しにきました!!

維新の恐怖政治が始まりました。

産経と毎日も同じような記事を昨日の深夜から流しています。

大阪府 電話:06-6910-8001
環境局直通:06-6210-9562

↑大阪の市民は反対しないといけません!!

「漁連」は全国組織ですから、相手にしない方がいいですよ!
地震・原発事故当初から、全国の漁連が動いて、放射能汚染で漁もしちゃいけない東北に「復興の応援して」と言って船をタダで寄付させたり、
洗脳しまくってますからね!!
  1. 2011/12/08(木) 03:11:02 |
  2. URL |
  3. 大阪の市民 #/4cRDzto
  4. [ 編集 ]

Re: マスコミ使って橋下・松井が弾圧を始めました!

> 大阪の市民さん

記事ありがとうございました。
でもこれで検討会議の存在さえ知らなかった人たちへの
宣伝にはなりました。
あとは「被災地支援キャンペーン」に負けないよう
広く府民に危険を知らせることが大事だと思います。

漁連・・・
東電の汚染水放出でようやく動きだしましたね。
汚染水も瓦礫の埋め立てからの放射性物質漏出も同じこと。
今こそ市民の後押しも必要な時かも。
  1. 2011/12/08(木) 23:51:25 |
  2. URL |
  3. mogusa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mogusa39.blog27.fc2.com/tb.php/307-20cad47b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。