おくちは災いのモト

Out of the mouth comes evil.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告
  3. 脱原発

衣食住と放射能

IMG_3072_convert_20111129223455.jpg
ガイガーカウンターを携え奈良の吉野杉を見に行った


ここんとこ忙しいのは瓦礫や市民投票だけが原因でない。
来年我が家は引越しするのだ。

安心な食材を手に入れることに疲れたわたしは、
自分で野菜をつくることに決め、夏ごろから物件を探していた。

それがようやく実を結び来年には畑ができる土地へ移住する。

同じ大阪府内のその土地もいつ若狭の原発事故が起こり、去ることに
なるかもしれないと思うと、安住の地、終の棲家とは思えない。
だけど「今」という時も大切にしていたい。
とても複雑な心境です。

築50年の平屋の中古家は、少し手を加えなければいけないが
それも最小限にすることにしている。
なぜなら、新建材を使うことに大きな抵抗があるから。

新しい我が家に関わってくれる建築家の方、工務店の方にわたし達が
引越しする理由や放射能のことを話した時は、初め理解してもらえるか
どうか不安だった。
家の打ち合わせの大半をその時間に費やした日もあったが、
その甲斐あってか、今はわたしの考えを尊重してくれて「妥協したらダメ」
とまで言ってくれるようになった。

中古家に少し手を加えると言ってもそれに使う建材はとても気になる。
加工食品と同じくひとつひとつの原料を調べるのには手間がかかるので、
例えば塗料なら311以前の物と以降の物を線量計で測って確かめたりしている。
(精度は不確かだけど確認せずにはいられない)

設備関係も新しいものは嫌だなーと思っていたら、近々解体する家があるというので
システムキッチンからお風呂までいろいろと頂くことになった。
これからは震災以前の物全てが貴重品になるに違いない。
今まで以上に物を大切に使い、新しい物は買わないようにしないとな・・・。

そんなこんなで衣食住全てに放射能が入り込んでくる時代になってしまいました。
衣だってホエー入りのシャツがあるぐらいだから油断できない。
食だってこれからは産地以外にも肥料や土も気にしないといけない。
住については特にセメントや鉄に要注意、木材の産地も気になるところだ。

こんなふうに考えるともう避けようのない放射能との共存。
悔しいなー。

子どものいない我が家にとっては妹の子どもの生きる世界がやはり気になる。
悪いことしたよなー。
日本中の全ての原発が止まるまで安心して暮らせないわ。
いやいや止まったとしても放射性廃棄物はたくさんあるけども。
しかも瓦礫ももはや放射性廃棄物だし、そんな物を受け入れる自治体って何?

原発ビジネス、廃炉ビジネス、除染ビジネス、瓦礫処分ビジネス・・・。
命に関わるものほどお金になるってことですか。


今日のイイ!blog
→「ガレキ受入れは誰のためにもならない」




瓦礫受入れ反対の署名お願いします!
→瓦礫受入れやめて@大阪

姉妹団体の直筆署名もあります。ダウンロードして併せてご利用ください。
(web署名も直筆署名も違う団体名なので両方署名していただくことができます。)









スポンサーサイト
  1. 2011/11/29(火) |
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. 脱原発
<<原発反対仲間 | ホーム | 焼却場近隣のみなさんに伝えて!>>

コメント

それぞれの選択、いいと思います

おはようございます。
複雑な気持ちを含めながら、これからそれぞれが多様な選択ですね。
ウチの息子はまだ若いのでやっぱり関東から本人は出るとの事。
私もそれでいいなと思ってます。
本人曰く、特に食べ物を買う前に、まず放射能汚染考えてしまうストレスを止めたいと。
子供や若い人達に、大人がアホでごめんなさいですね。
  1. 2011/11/30(水) 09:03:33 |
  2. URL |
  3. 海町 #-
  4. [ 編集 ]

Re: それぞれの選択、いいと思います

> 海町さん

夫が定年したら「自給自足もいいな」なんて呑気に思ってましたが
こんな形でそうなるとは夢にも思ってなかったです。
ひと言で言い表せないぐらい複雑な心境で引越します。

息子さん、関東から出るのですね。
そうできるならその方がいいと思います。
これから長い人生だからリスクはなるべく避けるのがいいですね。

イタリアのシホさんのような生活が送れるように、
原発反対を死ぬまで言い続けたいと思います。
  1. 2011/11/30(水) 15:25:55 |
  2. URL |
  3. mogusa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mogusa39.blog27.fc2.com/tb.php/308-fa373f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。