おくちは災いのモト

Out of the mouth comes evil.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告
  3. 脱原発

大阪府瓦礫受入れ検討会議の真実の姿

昨日は大阪府の震災瓦礫の検討会議へ行きました。
作業員の被曝計算に引き続き周辺住民、子どもの被曝計算。
被曝の計算です・・・。

瓦礫受入れの安全性を確認するための検討会議で、被曝ゼロを
証明するのではなく、これぐらいの被曝なら大丈夫だという計算をしている検討会議。
これぐらいなら小さな子どもでも被曝しても大丈夫だという計算をしています。
その中には飲食など他から受ける被曝は一切含まれていません。

瓦礫の放射線量の全量測定もせずに、安全性を確認してるなんて絶対言えないはず。
燃やしてみないと高濃度に汚染されてるかわからないサンプリング測定だけで
いくら「安全です」と言っても、焼却場周辺の住民や作業員は安心できますか?

昨日は傍聴席から抗議の声が上がり、会議は中断されました。
今朝は各社新聞がその記事を書いていて、その中でも朝日新聞はその抗議の声を
ヤジ扱いしていた。
ヤジかどうか、大阪府がどんな検討会議を開いてるのか、子どもの被曝計算を
どんなふうに考えているのか、IWJの動画を見て感じとってください。

わたしは府民の必死の抗議の声を制止する座長の冷たい声に涙が出ました。


第5回大阪府瓦礫受入検討会議



この後の別室での職員との話し合いもぜひご覧下さい。
瓦礫受入・大阪府職員、府民との話し合い...
http://www.ustream.tv/recorded/18977932



がれき受け入れ大阪府会議、傍聴者騒ぎ中止に
読売新聞 12月8日(木)0時0分配信


 東日本大震災で発生したがれき処理の受け入れ指針策定のために大阪府が7日に開いた専門家会議が、受け入れに反対する傍聴者が発言を繰り返したため途中で打ち切られた。 松井一郎知事は同日、一般傍聴を中止してテレビ傍聴に切り替えることを検討する、とした。

 府によると、この日約50人の一般傍聴があり、うち5、6人が「健康被害が出たら、どう責任をとるのか」などと発言。座長の制止や退席要請も無視したため、2時間の予定だった会議は約1時間で中止された。

 同会議は放射線の専門家ら4人で構成。助言を踏まえ、府が年内にも指針をまとめる。

 受け入れに慎重な自治体は多いが、松井知事は「日本中で被災地を支えないといけない。安全性を証明して(市町村に)理解してもらうしかない」と、前向きな姿勢を見せている。 最終更新:12月8日(木)0時0分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111208-00000001-yom-soci




瓦礫受入れ反対の署名お願いします!
→瓦礫受入れやめて@大阪
チラシ、資料もありますのでご自由にお使いください。


「あなたのお住まいの近くに焼却場はありませんか?」
→大阪府焼却施設一覧 Google マップ


昨日大阪府へ松井知事あての直筆署名を提出しました。
897筆集まりました。
ご協力いただきました皆様ありがとうございます!
引き続き第2期分を集めたいと思います。
まだまだ諦めません!
今後もよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト
  1. 2011/12/08(木) |
  2. がれき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
  5. 脱原発
<<「震災がれき」受け入れ 国に安全基準の明確化要請へ 関西広域連合 | ホーム | 大阪府焼却炉マップできました!>>

コメント

【がれき受け入れ 橋下新市長、一転慎重に】読売新聞 大阪 12月9日 朝刊記事によると、橋下氏は、がれきを灰にした時に焼却灰が33倍に濃縮されること等を全く知らなかったという。事実だとすると、橋下氏は何と安易に方針を決定したことか! http://pic.twitter.com/uZqN7xUE

橋下さんよ府民、市民の安全を守る立場の人間なんだからちゃんと勉強してくれよ・・・
瓦礫を燃やせば焼却灰が濃縮することはうちの小学生の娘でも知ってるよ・・・
  1. 2011/12/09(金) 22:37:55 |
  2. URL |
  3. ライデン #-
  4. [ 編集 ]

大阪府と大阪市に、送付しました。ともに頑張りましょう。

2011年12月14日謝罪要求書
松井一郎大阪府知事様
橋下徹大阪市長様

2011年12月14日京都生協の働く仲間の会
(電話=09011446818keizirou.hushimi@hotmail.co.jp
連絡先=京都伏見東郵便局私書箱26号)

私達は、貴職と貴職らの放射能がれきの大阪への搬入について検討会議等について、誠実な謝罪を要求します。回答は、文書で、メールでも構いませんが、12月20日までに着くように行う事を要求します。
1、
読売新聞 大阪 12月9日 朝刊は、【がれき受け入れ 橋下新市長、一転慎重に】という記事で、橋元徹前大阪府知事(新大阪市長)について次のように報じている。
「橋下氏は、7日の環境局との協議で「焼却灰が33倍に濃縮される」「灰を海洋に埋め立てた場合、海に流れ出す危険性がある」などの指摘を受けたといい、「知事時代は受け入れまでしか頭になく、そういう事実を知らなかった。」と述べた。ただ、「受け入れをやめるわけではない」として、がれきの焼却や埋め立ての処理基準の策定を専門家会議に委ねる意向を示した。」と。
2、
とんでもない事だ。橋元徹氏は、放射能という毒の搬入について、「知らない」を連発し、全く無責任に、大阪の人々の生活の中に、空気に、空と海に、ばらまくことを決めたのである。橋下は、放射能を大阪、関西、西日本にばらまこうとしたのである。
3、
橋下は、市民の声に全く耳を傾けず、問答無用、まさに、独裁で、大阪への放射能のばらまきを宣言した。そして今になって、「自分は全く知りませんでした。」と毒=放射能ばらまきについて、そのひどい影響について、全く知らなかったというのだ。こんな無責任は、絶対に認められない。トコトン謝罪を要求する。橋下を絶対に許せない。
4、
今日、一川防衛大臣は、沖縄県民による米軍基地支配への怒りの重大なひとつである米兵の犯罪、取り分けても、女子高校生に対しての性的暴行について、国会で「詳細は知らない」と答弁して、全人民の非難の的となっている。既に、参議院では、問責決議が上がっており、更に辞任要求は続けられ、同時に、野田首相の退陣要求ともなっている。
今回の橋下徹の「『橋下氏は、7日の環境局との協議で「焼却灰が33倍に濃縮される」「灰を海洋に埋め立てた場合、海に流れ出す危険性がある」 などの指摘を受けたといい、「知事時代は受け入れまでしか頭になく、そういう事実を知らなかった。」と述べた。」という事は、橋下徹は大阪府知事として、大阪市長として、あってはならない事を満天下に明らかにしたのだ。
5、
特に松井知事は、12月7日大阪がれき検討会議で、必死で正論を述べて、放射能ばらまきをやめるように要求する市民・府民などに対して、あろうことか、
(1)必死で正論を説く傍聴人に退去を命じたりして脅迫し、排除するなどの暴挙を行った。
(2)更に、そのことを理由に、一般傍聴を中止してテレビ傍聴に切り替えることを検討する、と松井一郎知事した。
これこそ独裁だ。放射能=毒をばらまくと宣言し、その事に対して必死で正しく抗議する者は、問答無用というのだ。東京都知事石原の「黙れ」独裁と同じだ。
6、
本来は、橋下徹と松井一郎は、7日の大阪市環境局との協議で「焼却灰が33倍に濃縮される」「灰を海洋に埋め立てた場合、海に流れ出す危険性がある」などの指摘を受けて、その事を知らなかったことを大いに反省するべきである。
とともに、そのような重要な人命にかかわる、放射能=毒問題にかかわる事について、全く知らないで大阪への放射能瓦礫受け入れを進める宣言した事を、誠実に謝罪するべきである。
もちろん、謝罪は、大阪市民、大阪府民をはじめ、関西、全国の人々に対して、である。私達は、橋下=松井独裁を絶対に許さない。放射能=毒で、殺されてたまるか!これが、私たちの必死の気持ちである。
7、加えて、御用学者を許せない。
大阪がれき検討会議座長の山本孝夫・大阪大大学院教授ら会議メンバー4人は、傍聴者による発言が相次ぎ、会議を途中で打ち切った。 そして、座長の山本孝夫・大阪大大学院教授ら会議メンバー4人は連名で「このような事態になったことは極めて遺憾」とする声明文を発表した。こんな事は絶対に認められない。
本来反省し、謝罪するべきは、既述のように、橋下徹であり、松井一郎である。橋下の毒=放射能をばらまくぞという脅迫に、傍聴者が抗議意見を言うのは、当然だ。
ところが、山本ら御用学者は逆に、大阪府民、大阪市民、関西・全国の住民の必死の気持ちを受けて傍聴を行い、必死で意見を言い、抗議している人々に、①会議を途中で打ち切る、②責任を傍聴者の責任にする、③そして傍聴者を排除するなどの暴挙を行い、加えて、歴史的暴挙の声明文を発表するまでに至ったのである。このような御用学者は、全員やめさせるべきである。
8、
橋下徹などは、「脱原発依存」などという事を言っている。①もちろんそれは原発をなくそう!というものではない。②更には、放射能の被害をなくそうというものでは全くない。その事が、この勝手気ままな、独裁による「放射能瓦礫の搬入、放射能のばらまき」宣言に明らかである。橋下独裁を許さない!放射能=毒で、殺されてたまるか!の気持ちである。
9、
12月11日放射能避難者の支援! 原発を今すぐ全部止めろ!放射能がれき・放射能食品のばらまき反対!東京知事石原と橋下独裁反対!のデモと集会が、難波・御堂筋で大きく盛り上がった!
私達は、放射能被害者の支援は、①避難者を全力で応援する事であり、②東京電力とその株主などにトコトン加害責任をその自己責任を果たさせる事であり、③原発推進に金と暴力とデマの限りを尽くした連中の処罰等であると考える。
8、橋下らは、「民間企業は素晴らしい」と称賛する。そこには、原発爆発の東京電力をほめたたえ、セシウム粉ミルクの明治乳業をほめたたえることが、含まれる。とんでもない事だ。
10.
橋下らは、更に、学力テスト、学校の成績優良者をほめたたえる。それは、嘘ばかりを言う東京電力や明治乳業の幹部職員、更には、「直ちに影響はない」等の暴言を繰り返している枝野大臣や嘘とでたらめの原子力保安院の官僚たち、御用学者らをほめたたえるのだ。というのも、彼らは、まさに学力テスト、学校の成績優良者たちであり、東京大学などの優秀者だからだ。
結局、橋下らは、原発爆発の東京電力をほめたたえ、セシウム粉ミルクの明治乳業をほめたたえ、嘘とでたらめの民間企業、高級官僚、御用学者をほめたたえているのだ。
11、
私達は、上記のように、貴職と貴職らの放射能がれきの大阪への搬入について検討会議等について、誠実な謝罪を要求します。回答は、文書で、メールでも構いませんが、12月20日までに着くように行う事を要求します。以上。
  1. 2011/12/14(水) 21:44:41 |
  2. URL |
  3. 京都生協の働く仲間の会 #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

お疲れさまでした。
僕もしっかり署名を済ませたのですが、今回のこういう発言、瓦礫の受け入れについてとても悔しい思いです。
来年4月に受け入れる予定と聞いておりますが、まだ時間はあるのでなんとかして止めたいですね。
  1. 2011/12/15(木) 11:38:40 |
  2. URL |
  3. yuki #iVLhYMJs
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> yukiさん

署名ありがとうございます。
昨日の検討会議には出席できなかったのですが
毎回悔しい思いでいっぱいです。
これからは各自治体、住民へのアピールになってくると
思います。
みんな繋がって大きな力にしたいですね。
  1. 2011/12/15(木) 17:09:09 |
  2. URL |
  3. mogusa #-
  4. [ 編集 ]

12月16日(金)午前9:45 大阪府庁前集合・・・・拡散希望が届きました。

強訴 大阪府庁を嵐のように席巻せよ!
[2011/12/15 12:43]
〜19日から急遽16日10時に変更です!〜

みなさま

12月16日(金)
午前10時~ 本庁4F記者クラブにて記者会見
午前9:45 大阪府庁前集合

緊急記者会見!
知事ー各部局抗議行動!!
大阪府庁を席巻しよう!行動!!

復興支援とは名ばかり。
燃やしていいのそのガレキ?
拡散していいの放射能?

何も検討してない"検討会議""終了"の緊急事態のため
19日に予定していた、おかとん抗議行動を、
明日16日に繰り上げてやりたいと思います。

急なことで申し訳ありませんが、
一人でも多くの方が参加してくださり、
知事ー府庁に一緒に抗議・要請してくださいますよう、
ここに呼びかけます。
おかんとおとんの原発いらん宣言2011
できる限りの拡散お願いします。








・・・・・・・・参考・・・
府・検討会議継続への抗議声明(12月11日付)
[2011/12/14 06:32]
12月7日の大阪府・第5回検討会議の中断後、11日付けで以下の抗議声明を発表し、大阪府・マスコミ各社に送付しました。私達は大阪府「災害廃棄物の処理指針に係る検討会議」の中止を求めます。      おかんとおとんの原発いらん宣言2011
2011年12月11日
 東日本大震災で発生した災害廃棄物の広域処理計画について、大阪府環境農林水産部循環型社会推進室は現在、専門家による「災害廃棄物の処理指針に係る検討会議」を設置し検討を行っています。12月7日に行われた第5回検討会議は、作業員や府民、さらには子どもの被ばくすらも前提に進められる議論に傍聴者が意見し、中断となりました。この件について、マスコミ各社は「傍聴者が妨害」(読売新聞)、「反対派の不規則発言で中止に」(産経新聞)など、傍聴者がルールに反する行為により科学的な検討会議を一方的に中止したかのような報道がなされ、松井一郎知事は次回からモニター傍聴に替えるとの考えを示し、あくまでも検討会議の継続を指示しています。
 しかし、私達は、私達府民の健康と安全に関わるこの重大問題について、国の計画や指標を追認するだけの検討会議の内容に怒り、声をあげたのです。この検討会議では放射性物質を含む災害廃棄物の受け入れにより、作業員や処理場等の周辺住民、また子ども達までもが追加的な被ばくをすることを認めながらも、そのことを問題と指摘する委員はいません。
 私たちは、福島第一原子力発電所の事故以降、大切な人々を守る為に、必死になって情報を集め、少しでも被ばく量を減らす努力をしてきました。この検討会議の内容は、そんな私たちの努力を踏みにじるものです。この事故による将来にわたる影響を最小化するために、追加的に生じている被ばく量を可能な限りゼロに近づける対策の実行こそが、行政が今全力で取り組むべき課題であると私達は考えます。
 科学的検討を行うとするならば、批判的意見を持つ専門家や府民から指摘された問題点も含めて、放射性物質を含む災害廃棄物を受け入れて本当に府民の安全が守れるのか、ゼロベースでの検討がなされるべきです。公約にない事項を進めて決定するには、民意を尊重し、府民の声とともに協議するべきではないでしょうか。
私達は、現在の検討会議における審議継続に強く抗議し、以下要請します。
1. 現在の「災害廃棄物の処理指針に係る検討会議」を中止、解散すること。
2. 本広域処理計画に対し批判的意見をもつ専門家を委員に加え、再度受け入れの是非からゼロベースで検討すること。
3. 復興支援の在り方について再検討すること。
4.府民の意見を十分に検討内容に反映するための、府知事と府民の対話の場や、知事・府職員、専門家、府民の公開討論等の場を設定すること。
  1. 2011/12/15(木) 22:28:16 |
  2. URL |
  3. 京都生協の働く仲間の会 #-
  4. [ 編集 ]

大阪へのがれき受け入れ断固反対!!

はじめまして。初コメントさせていただきます。
詐欺のような形で当選したアノ二人に、関西の空や海を放射能汚染させる権利は“これっぽっち”もありません!
日本人として日本列島をくまなく汚染させる暴挙は断固として許せません!
私も子供達の未来の為に何か行動を起こしたいと思っています。
ネット署名は公的な機関に提出するにはあまり効果がないと聞きました。
それ以前に大阪へのがれき受け入れを知らない人が多すぎます。私は子供達の食事にはかなり気を遣い、小学生の息子にはお弁当を持たせています(給食センターに問い合わせた結果で)。そんな私も実際、10月頃まで知りませんでした。情けないです。
ネットを使う人は情報を得られても、それ以外の人達は全く知らないようです。
まずは、この愚行を周知させる事が要と思われます。
ネットを使用しない人達にどのようにすれば広く伝えられるか…。
お知恵をお貸し頂ければ嬉しいです。
長文失礼致しました。

  1. 2011/12/18(日) 04:05:38 |
  2. URL |
  3. cheng #-
  4. [ 編集 ]

Re: 大阪へのがれき受け入れ断固反対!!

> chengさん

コメント有難うございます。

署名について・・・

直筆署名は多くの人に事実を知ってもらうために
存在すると思います。
(署名を求める時にコミュニケーションするから)
ネット署名はコメント欄を意見として提出することができます。

これからの活動について・・・

私自身が今有効だと思ってる方法は、一番危機感をもつ焼却場周辺の
住民に事実を知らせ、立ち上がってもらうことだと思います。
そのためにその地域にチラシをポスティングしたり、駅前でチラシ撒きしたり・・・
報道を呼んで住民や有識者、議員を交えてのタウンミーティングも
考えています。
味方になってくれそうな議員さんを味方につけることも大事です。

チラシ・署名・資料などははhttp://love-peace.from.tv/にあるので、
ご自由にお使いください。

私も仲間と一緒に試行錯誤の日々です。
仲間づくりが最も大事ですよ。
お住まいの地域に同じような活動をされてる会やグループが
あれば声をかけてみたらいいかもしれません。
ネットでも探せると思います。

頑張りましょう。

  1. 2011/12/18(日) 08:12:31 |
  2. URL |
  3. mogusa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mogusa39.blog27.fc2.com/tb.php/317-4eb1ca8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。