おくちは災いのモト

Out of the mouth comes evil.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告
  3. 脱原発

CLEAN?or DIRTY?

DSC01820_convert_20110521060207.jpg
長崎原爆資料館にて

内部被曝、県外原発で働く福島出身作業員から相次ぎ発見!
毎日新聞 5月21日(土)2時36分配信

 東京電力福島第1原発の事故後、福島県外で働く同県出身の原発作業員から、通常ならめったにない内部被ばくが見つかるケースが相次いでいる。大半は事故後に福島県に立ち寄っており、水素爆発で飛散した放射性物質を吸い込むなどしたとみられる。周辺住民も同様に内部被ばくした可能性もあり、福島県内の一部自治体は独自に検査を検討している。

以下わたしの要約。

3月11日以降、福島第1原発を除いた全国の原子力施設で、作業員から内部被ばくが見つかったケースが4956件あり、うち4766件はその作業員が事故発生後に福島県内に立ち寄っていた。 保安院によると、体内からの放射線を測定できる機器「ホールボディーカウンター」による検査で、東電が内部被ばくの目安としている1500cpm(cpmは1分当たりに検出された放射線量を示す単位)を上回った件数を電力各社から聞き取った。1人で複数回検査を受けるケースがあるため、件数で集計した。1万cpmを超えたケースも1193件にのぼった。

 ◇内部被ばく◇
 呼吸や飲食などで放射性物質を体内に取り込み、体内から放射線を浴びること。体外からの外部被ばくに比べ継続的で危険が高い。体表から10万cpmを超す線量を検出すれば放射性物質を洗い落とす「除染」が必要とされるが、東電は内部被ばくの恐れがあるとする目安を、ホールボディーカウンターで1500cpm超の場合としている。大量の内部被ばくはがんになるリスクを高める一方、時間と共に排せつされ、排せつも含めた「半減期」は成人ではヨウ素131で約7日、セシウム137で約90日。(セシウム137の半減期は30年。間違ってるコレ)

核 種     半減期     核 種    半減期
クリプトン90  32.3秒    水素3       12.3年
キセノン138  14.1分    ストロンチウム90 28.8年
フッ素18    109.8分   セシウム137    30.0年
ヨウ素131   8.04日    ラジウム226    1600年
ポロニウム210 138.4日   プルトニウム239  2.4万年
コバルト60   5.27年    ウラン238    45億年
「放射性物質の半減期」

◇扉ゆがむ棟「そこで食事すれば体に入って当然」…福島第1の作業員

◇空気中線量高く機器測定不能に
 東電によると、同原発のホールボディーカウンター4台は空気中の放射線量が高すぎて正確に測定できず、使えるのは福島第2原発といわき市の東電施設、柏崎刈羽原発の3カ所のみ。今後増設するとしているが、内部被ばくした場合、作業に従事できないのが通例だ。県内のある下請け会社社長は「このままでは福島の作業員が大量に失業する可能性がある」とも懸念する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110521-00000017-mai-soci

恐れていたことがどんどん明るみになる。
作業員の方々はもちろん、作業に携わらなかった住人の方々の被曝も心配だ。
もっと早く内部被曝のスクリーニングはできなかったのだろうか。
今までのこともそうだが何もかも後手後手で気がついた時は後の祭り。
被曝してしまったら取り返しがつかない。

京都大学原子炉実験所助教の小出裕章先生も以前から
「原子炉の復旧が長引けば、多くの作業員の方が被曝して
作業に従事する人の数が足りなくなる。」と話されている。
またこの記事の他ページでは福島第一原発の復旧作業で
「作業員の安全確保のルールや手順がなし崩し的に緩和されている。」
「作業員の間では、原発を何とかしたい一心で汚染されても仕方ない雰囲気。」
と記されている。

このまま復旧が長引いて、作業される方の人数が足りなくなったらどうするのだろう?
今でさえ大阪の釜ヶ崎のような町(日雇労働者の町)から
嘘の仕事内容を告げられて人数を確保してるというのに・・・。
また仕事内容がわかっていても、何十年後のガンのリスクよりも
今日明日のごはんの為に自ら働きにやって来る人たちの存在も無視できない。
「日本の原発奴隷」・・・。
原発で電力を使っている限り、わたし達はこの現実からけっして目を背けてはいけない。

結局社会の弱者にしわ寄せがいく。
それはこどもも同じこと。

ほかにもエネルギーの選択肢はいくらでもある。
原発の最大の欠点は誰かが被曝し、その命の代償なしに電力を生み出せないということ。
また今回のように大事故ともなればその数は計り知れない。

これでもやっぱり「クリーンなエネルギー」って言えますか?



福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!
(第二段)
 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ



スポンサーサイト
  1. 2011/05/22(日) |
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

トラックバック

トラックバック URL
http://mogusa39.blog27.fc2.com/tb.php/33-0015aad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。