おくちは災いのモト

Out of the mouth comes evil.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告
  3. 脱原発

原則なき政治

隠される原子力 核の真実
      著者:小出裕章(京都大学原子炉実験所)
      発行:創史社 1400円+税

今日の朝日新聞朝刊は突っ込みどころと怒りどころが満載で、早朝から
アドレナリンが出まくってしっかり目覚めることができた。

いろいろ書きたいことはあるが、やはり今日もガンジーの「7つの大罪」
シリーズに従いたいと思う。(勝手にシリーズ化しました)

昨日25日管首相はフランスのサルコジ大統領と会談し、
「原子力は事故の検証を踏まえ、一層の安全性を確保したうえで活用していく考えだ」とした。
その一方発電量全体に占める再生可能な自然エネルギーの割合(現在は約9%)を引き上げ、
「2020年代のできるだけ早い時期に20%とする」という数値目標を掲げた。

またスイスでは、国内に5基ある原子力発電所を、寿命を迎える2034年までに廃炉とし、
改修や新規建設はしないとの国家目標を決めた。
福島原発事故後、ドイツに続き「脱原発」政策にかじを切った。


もう!
この国日本はいったいどっちに行きたいねん!
事故をおこしていない国が次々と「脱原発」にかじを切ってるというのに、
事故をおこした当事者である国の、どっちつかずなこの態度。
日本ではまだまだ福島原発が危険で、放射能垂れ流しの状態やというのに
まだそんなに原子力エネルギーにこだわりたいん?
世論調査でも「反対」が「賛成」を上回ったで。(朝日新聞調査)
「再生可能」なエネルギーは他にいくらでもあるやん。
自然エネルギーが軌道にのるまでは当面、休止させてる火力発電動かせば、
全く問題ないやん・・・。(地球温暖化はco2が全ての原因ではない。
原因はもっと複合的。そもそも地球が温暖化してるということ自体も疑わしい。)

原発は持続可能なエネルギーではない。
①原料のウランに限りがあること。(石炭や石油に比べてもかなり貧弱)
②放射性廃棄物いわゆる「核のゴミ」の処分地がないこと。  (詳しくはコチラ。)
③原発には放射能が付きもので、事故がおきなくてもヒトも環境も汚染されるということ。

「脱原発」の理由は、この3つで充分だとわたしは思うけど、
さらに原発について知りたい方は上の写真の本がオススメです。

今、日本国民の誰もが関心のある(わたしはそう願いたい)、
「原発っていったいどういうもの?核っていったい何?」を科学者である著者が
わかりやすく、知りたいことをコンパクトにまとめ上げています。
上で書いた地球温暖化とco2についても触れています。
また最終章の「エネルギーと不公平社会」では、先進国とよばれる国にくらす
わたし達の生き方そのものについて書かれており、深く考えさせられました。(必見!)
(ただいまamazonの人気のある本のランキングでは21位。(昨年12月に発行)
著者の新刊「原発のウソ」は9位でございます。ワタクシまわし者ではございません。)

どっちつかずな日本の政治は、わたしには「原則」がないようにみえるけど、きっと
原発を推進したい「ムラ」の人たちにはその人たちなりの「原則」があるんでしょう。
でもそんなことは関係ないねん。
国民あっての政治とちゃうん?

「チカンあかん!ゲンパツあかん!」

(すみません・・・。いつかどこかで使いたかった・・・。)



福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回を求める署名にご協力お願いします!
(第二段)
 前回署名された方も是非!
詳細はコチラ





スポンサーサイト
  1. 2011/05/26(木) |
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

トラックバック

トラックバック URL
http://mogusa39.blog27.fc2.com/tb.php/41-bbb41e8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。