おくちは災いのモト

Out of the mouth comes evil.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告
  3. 脱原発

6.14朝日新聞世論調査結果

IMG_2246_convert_20110615132122.jpg
「主権在民って知ってる?」           マルちゃん 万代池にて

昨日の朝日新聞朝刊に原発関連を含む世論調査の
結果が載っていた。
以下、原発関連のみ抜粋してみた。

世論調査―質問と回答〈6月11、12日実施〉

1.原子力発電を利用することに、賛成ですか。反対ですか。

賛成 37
反対 42

2.全国の原発のなかには、定期検査のため運転を停止している原発があります。
国が求める安全対策が達成されれば、定期検査の終わった原発の運転を再開することに
賛成ですか。反対ですか。

賛成 51
反対 35

3.原子力発電を段階的に減らし、将来は、やめることに賛成ですか。反対ですか。

賛成 74
反対 14

全国の有権者を対象に調査した(東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の一部を除く)。
世帯用と判明した番号は3394件、有効回答は1980人。回答率58%。


この結果いったいどうみます?
わたしには不可解な結果なんですが・・・。
でもこの結果を無理やり分析すると、

1.賛成でも反対でもない人が21%。
→自分で判断できかねている。

2.国が安全だと認めれば再開してほしい。
→1の賛成でも反対でもない人が再開に賛成した?
(自分ではわからないから国が安全だと決めてくれるなら賛成・・・?)

3.1と2の賛成・反対の差に比べてその差が大きい。
→原発はなんとなく嫌だが、早急に減らすのは心配だから
 段階的になら減らしてほしい。(電力が不足することへの不安?)

あー、この若干矛盾したあいまいな感じ・・・。
白黒つけたいわたしにはかなりイライラする結果である。

一方イタリアでは原発の是非を問う「国民投票」で反対派が
9割を超えて圧勝した。
これってまさに国民性?うらやましい・・・。
ただイタリアではチェルノブイリ事故後原発すべてを凍結しており、
そろそろ再開しようと思っていた矢先のフクシマ事故だったこともある。

わたしがこの結果を、強引に自分勝手に結論付けるとすると、
・日本人はこの期に及んでも政府の言う「安全」を信じる
 脳天気でおめでたい国民性。
・国や電力会社が説いてきた「原発安全神話」の洗脳から抜けきれない。
 (原発を知る努力をすれば簡単に抜けられる)
・停止しているものを再開するのも、段階的に減らすのも自分たちの
 考えでなく国が決めることに従うだけの従順な国民性。
 (主権在民ということばはもう死語か!?)

日本人は残念なことに、平和ボケしすぎて自分で物事を考える
力を失ってしまっているのでしょうか?
段階的にやめたほうがいいと思っているのは、心の中では
原発との共存はもう無理だと思っている証拠。
もっと意思表示をして、あとは国がその気持ちを形にすることを
望めばいいのに・・・。
またこんなにも大きな事故があり、人も生物も環境も汚染され、甚大な
被害が拡大している最中でさえ、それがなくなることに不安を感じる
人が多いことにも驚きを感じます。
それもこれもまだまだ原発のことを理解していなくて、
はっきりと「NO」と思えるが人が少ないということなのでしょうか・・・。
あーわたしの頭では理解ができない。

今は戦後最大の有事。
もっと目を見開いて、頭を覚醒させ、こんなことを二度と
おこさないようにすることが、未来のヒトやその他の生き物に
対する唯一残された懺悔の方法だとわたしは思うんだけどな。

こんな一方的な結論にしてしまいましたが、みなさんはいったい
この結果をどう分析されますか?



「脱原発勉強会 大阪能勢」に参加しませんか?→詳細はコチラ











 
スポンサーサイト
  1. 2011/06/15(水) |
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. 脱原発

トラックバック

トラックバック URL
http://mogusa39.blog27.fc2.com/tb.php/85-dc251263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。